IR Interpreting Services of Japan

IR通訳専門の通訳エージェント


クオリティを高めるために

IRISでは、通訳のクオリティを守り、高めるため、様々な取り組みを行っています。
こちらでは、それら取り組みをいくつかご紹介します。

1. 通訳者を厳選

IRISでは、登録を希望する通訳者の中から、以下のプロセスを経て通訳者を厳選しています。

  1. 勉強会・ワークショップへの参加
  2. 実技テスト (模擬IR会議の逐次通訳)
  3. 代表(丹埜)との面談

創業時(2011年)は、約45名の勉強会参加者の中から、20名が選考テストを受け、7人が合格。
2011年に行った勉強会 >>

2. IR通訳ワークショップ

IRISでは、各通訳者個人だけでなく、チーム全体でも通訳のレベルアップを図っています。
少人数でのワークショップを開催し、実際のIRミーティングを模した演習を通し、実践的な訓練を行っています

3. IRISデータベース

IRISは、業務範囲をIR通訳に絞ることにより、日々、通訳のノウハウ・データを蓄積し続けています。
その集大成が、IRISデータベースです。

IRIS通訳者がこれまでに訪問した上場企業全社をデータベース化し、
通訳者間で共有しています。
例え、その通訳者が初めて訪問する企業であっても、
これまでの実績を元に、いい通訳パフォーマンスが出来るよう、サポートしています。

IRISデータベースのイメージ >>

4. 通訳者に対するインセンティブ

登録する通訳者に対し、いい通訳をし、クライアントから指名をいただくための、
様々なインセンティブを提供しています。
(詳細については、こちらのページ >> をご参照ください。)

▲TOPへ戻る